住宅リフォーム比較ナビ - 失敗しない業者選びとは?

 

あなたは、住宅リフォームを考えていませんか?不況が続く世の中で、近年徐々に需要が高まってきているのが住宅リフォームです。家を新たに建てるのではなく、既に住居として暮らしている自宅を新築同様に改築するという方法が、ここ数年流行っているようですね。ですが、一言に住宅リフォームと言っても様々な種類があります。

今では小規模なものから大規模なものまである上に、サービスも細分化されているので、実にあらゆるパターンで住宅リフォームが行なわれています。最も規模の小さい修理や舗装に始まり、改装、改築、増築などがあります。その中でも住宅リフォームのイメージに近いものは改築でしょうか。

 

インターネット上で人気のランキング上位の改築箇所はというと、浴室、キッチン、洗面所、トイレの4つがランキングのトップを独占しています。そのランキング上位の箇所れはいずれも、日常生活に不可欠な設備であり、現在システム化が進んでいることもあって、お手頃価格で便利に改装できることがランキング上位になる主な要因のようですね。

 

その他、ランキング以外でいま注目されている改装箇所については、防犯や耐震補強を目的としたものが多いですね。やはり不景気な世の中であるだけに、空き巣被害が多発しているのが現状ですよね。よって、それを防止する為の措置として防犯対策を徹底する家庭が多いようです。また、日本は地震大国なので、防犯に次いで耐震補強についての需要も高いようですね。

 

やはりマイホームに住むということは、自分自身で防犯対策や耐震強化を行なって大切な家を守らなければなりません。なので、防犯や耐震補強の意識が高くなければいけません。ただし、防犯対策にしても耐震補強にしても、施す箇所は一か所ではなく、家全体に防犯対策や耐震補強工事をしないと意味がないので、徹底して行なうことが重要になります。その為、費用がそれなりにかかってきますね。

 

さて、近頃人気の住宅リフォームですが、悪徳企業の介入によってトラブルが増加しているのも事実です。明らかに安すぎる見積もりや、基本的には後払いである費用に対して前払いを要求するような会社については、トラブルを引き起こす悪徳企業である可能性が高いですね。十分に気を付けなければいけません。

 

なので、それらのトラブルを回避する為に、あらかじめ信頼できる会社を下調べしておく事が必須になりますね。現在では沢山の会社が住宅リフォームを行なっているので、色んな会社をあたってみましょう。相見積と言って、色んな専門会社に見積書の作成を依頼して見比べることも一つのアイディアですね。トラブルを事前に回避する為には、そのくらい慎重に着実に見積もりを行なうことが大事になります。

 

たとえ、ネット上で上位にランキングされている人気の専門企業だったとしても、実際に依頼から施工までを行なってみないと分からない事が大半ですからね。地域密着型で昔からある企業だからと言って、口約束で契約を交わしてしまうケースもあるようですが、どんなに顔馴染みの所であっても、口約束というのは絶対にお勧めできません。

 

やはり住宅リフォームはそれなりに費用がかかるし、大切な家に手を加える行為です。事前にいくらでもトラブルを回避する手段はあるので、しっかりと書面内容を確認した上で契約を交わしましょう。そうすれば、もし万が一予期せぬトラブルが起きた場合でも、最善の方法でトラブルに対処できると思いますよ。

 

よって、住宅リフォームを行なう上で一番大切な事は、専門企業の選別ではないでしょうか。それによって、大きく見積もり費用も工事内容も完成度も変わってくると思います。その事を事前に理解しておいて下さいね。あなたが長年暮らしてきた大事なマイホームです。あなたの理想通りの住みやすい家へとリフォームして下さいね。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

住宅リフォーム推進協議会
一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会では、長寿命化リフォームセミナー(参加費無料)を行っています。また、住宅リフォームに関する情報の提供、リフォーム廃棄物についても情報を提供しています。
www.j-reform.com/



リフォームローンで金利が安い銀行はどこ?

口コミで人気のアプラスのリフォームローンは「リフォームプラン」という商品名です。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、融資可能額は10万円以上300万円以内、返済回数は最長84回(7年)というライトなローンなのが特徴的です。

次に金利についてなのですが、アプラスの金利は短期融資となるので、7.20%から14.40%と高めの設定になっています。

ネットで申し込みが可能なことや担保や保証人が不要ですので、小規模なリフォームにはおすすめです。

返済シミュレーションも条件が詳細に設定できるので、一度、HPをご覧になって見てはいかがでしょうか。

多くの人がおすすめするリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

参考:http://www.freedomisavoice.com/

とはいえ、住宅事情というものは人それぞれで異なりますので一概にネットの口コミ情報だけに頼ってしまうのはよくありません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件にピッタリのリフォームローンを見つけましょう。

リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額の場合なら小回りが利く無担保型ローンが良いと思います。

中古住宅の購入と同時にリフォームを行いたいと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

リフォームローンの一体型とはどういったものかご存知ですか?簡単にいうと住宅ローンとセットになったローンです。

中古住宅を購入してリフォームしたいと考えているなら一体型ローンがお勧めです。

リフォームローンというものは住宅ローンよりも金利が高いため一体型にすることでリフォーム分も低金利が借入することが可能です。

ただ、気を付けなければいけないのが、ローンの事前審査でリフォームの見積書が必要と言われたり、申込の際には工事請負契約書が必要になることがあります。

ですから、中古住宅探しと並行しながらリフォーム業者を探す必要があるのです。

リフォームローンの頭金を用意するに当たり、どれくらいが相場なのか、それは業者によって様々です。

工事に取り掛かる前に頭金を用意して下さいと言う業者もいますし工事完了後に一括払いという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数の業者から見積もりを取る方がいいでしょう。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前にも関わらず先に用意しておきますねと、手際が良い風を見せかけて資材費を請求してくる業者もいます。

後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に業者に確認して、その内容を契約書に記載させることです。

リフォームローンにシミュレーションできることをご存知ですか?シミュレーションは大手金融機関のHPで試算フォームが設置されています。

検索サイトで「リフォーム」「シミュレーション」と入力すると該当するサイトがヒットするので表示されたサイトにアクセスします。

借入希望額、返済期間などを入力すると毎月の返済額が瞬時に算出されます。

個人情報の登録などは一切ないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。

返済額の計算は複雑で素人では難解ですから折角の機能を存分に使わせてもらいましょう。

アルヒのリフォームローンについて紹介します。

アルヒのリフォームローンは申込資格が満20歳以上から完済時年齢80歳未満の個人とされています。

融資額は50万円以上1 000万円以内と高額融資を受けることも可能で、返済回数は1年から35年なので住宅ローンのように長期で返済することも可能です。

それゆえに、アルヒの契約では連帯保証人が必須になります。

また、融資金額が500万円を超えるような場合は抵当権も設定されますので、任意で団信保険付プランを選択することもできます。

貸付利率の適用基準は変動金利型で、年に2回の長期プライムレート(基準金利はみずほ銀行における長期プライムレートとなります)を3か月後の口座振替から適用されます。

アルヒのフリーダムプラスにはAプラン、Bプランの2種類があり、それぞれに基準金利と事務手数料が異なります。

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保がいらないリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用可能なリフォームローンです。

反面、金利が高い、借入期間が短い、限度額が低いなど担保型と比べてみると、デメリットを感じる点も少なくありません。

そのため無担型ローンが適しているという場合は小規模なリフォームです。

持ち家で少額のリフォームということであれば、比較的余裕のある人のリフォームとみなされることが多く比較的審査に通りやすいようです。

リフォームローンの融資を受けてリフォームローンが余ってしまった場合、借り入れた金融機関に返金する必要はあるのでしょうか?融資金額は一般的に見積書などで算出されますので余るケースはあまりないのですが架空請求してしまったみたいで落ち着かないですよね。

一方で、建設業界では追加費用が発生しても困らないように見積もり時に上乗せ融資を勧める業者もいるとのことです。

また、金融機関でも追加融資が難しい場合には、予め上乗せ融資を勧めるといったことがあるようです。

余剰分が出ても最終的に完済されれば問題はありませんので、そのまま放置していても構わないのですが、気になる人は繰り上げ返済をしておけば良いと思います。

お気の毒にもリフォームローンに落ちたという方はその原因を丁寧に分析することが大切です。

まず、考えられる要因は借入希望金額が高すぎたのかもしれません。

あるいは、勤続年数が短すぎるとか会社の経営が思わしくないなどといった諸問題が影響したのかもしれません。

仮にマイカーローンの返済中であったり、キャッシングしている額が多いといったカードローンの利用状況というのも実は大きな要因となるのです。

これらのローンをきちんと返済することが審査に受かる第一歩となります。

リフォームローン金利比較をするのであれば比較サイトを利用すると効率が良いです。

比較サイトであればいくつもの金融機関がまとめて掲載されていますし、借入れ条件が一目見てわかります。

金利や借入限度額、審査時間など調べたい条件に応じて並び替えができるので調べる手間が省けます。

比較サイトによっては金融機関へのリンクが貼ってありますので検索しなくても見たいHPにすぐ行くことができます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で自宅で申し込めるローンが増えています。

金利が低いリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことをおすすめします。

リフォームローンには大別して担保形と無担保型があるのですが借入期間や借入可能額のほか、金利相場などに違いがあります。

無担保型の場合、借入期間は最長でも10年から15年でしかなく、借入れ可能な上限金額は500万から1000万円と比較的少額のローンとなるのですが、担保型は期間は最長35年で上限金額は1000万円から1億円になり長期的なローンを組むことが可能となります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型は最大約5%に対し担保型最大約2%の低金利になります。

加えて、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

周知のとおりリフォームローンの金利相場は市場金利に応じて上下します。

担保の有無によっても金利が変動し現在は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が平均的な相場です。

金利のタイプには2種類あって固定金利型と変動金利型の2種類に分けられます。

変動金利型というのは市場金利に比例して半年ごとに金利が更新されるローンで固定金利型は市場金利の上げ下げに関わらず、一定の金利を維持するローンです。

更に固定金利型には完済まで継続する長期固定金利型と一定の期間内だけ固定金利で満了するごとに長期型か変動型に変更することができる固定金利選択型があります。

オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは365日年中無休、仮受付してくれるWebリフォームローン仮受付が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利が適用されるのですが、保証人や担保などが一切必要ないというメリットがあります。

使途には改修工事やリフォームに限らず太陽光発電システム設置工事などにも利用できます。

申し込む際の注意点として、Webで仮受付の申し込み時にオリコとの提携販売会社やリフォームしてもらう会社との契約が必要となり、販売店コードまたはIDを入力しなければいけませんのでご留意ください。

リフォームローンの金利に関してですが金融機関ごとに異なります。

低い利率では1%台からありますが、高い場合になると金利は15%に近くになるところも。

2種類の金利体系があり変動金利と固定金利があります。

変動金利というものは金利が低いというメリットがありますが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。

一方、固定金利は完済するまで金利は変化しない安心感はありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。

納得できるリフォームローンの選び方というのは金利だけに固執するのはNGということです。

借入れ可能な期間や上限金額や担保、保証人の必要可否なども考慮する必要があります。

団体信用生命保険(団信)に加入できるか否かや事務手数料などの諸費用も比較することが大切です。

建材メーカーの中には自社の商品を使ってリフォームすると金利は0%、しかも無担保でリフォームローンを組める場合もあります。

リフォームローンは種類が多いのでリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。